ぜんそく(喘息)

アレルギー系

空気の通り道である気管支が発作的に収縮して、息が苦しくなるのが喘息です。

喘息とは

気管支が狭くなるため、息をするとゼーゼーと音がします。
喘息発作がひどくなると横になって寝るのもしんどくなり、座って呼吸をするほどの状態になることもあります。
喘息発作はさまざまな誘因でおきます。
ハウスダスト、ダニ、ペットの毛、たばこの煙、黄砂、かぜ症候群、寒暖差などが誘因となります。

年間6000人以上が喘息発作で命をおとしていたのですが、治療の進歩で現在は1500人にまで減ってきています。

喘息の原因と種類

喘息は慢性的な炎症が気道に起きている状態です。慢性の炎症で気管支が収縮して細くなり呼吸が苦しくなります。

喘息の原因にはアレルギー性と非アレルギー性の2つがあります。

アレルギー性喘息は、ダニ、ネコの毛、イヌの毛、カビなどがアレルゲン(誘因物質)となり喘息をおこします。

非アレルギー性喘息は、かぜ症候群、気温の急激な変化、たばこの煙、車の排気ガスなどが誘因となります。

かぜをひいた後の長引く咳、夏が終わって秋に朝夕冷え込む時期の咳はに喘息が隠れていることがあります。

喘息の症状

息苦しい、胸がゼーゼーする、息をしたらヒューヒューと音(喘鳴)がするのが喘息の症状です。

気候の変わり目、夜から明け方にかけてが喘息発作の出やすい時期時間帯です。
喘息発作が重症化すると息がしづらくなり、横になって寝るのもしんどくなり、座って呼吸をするほうが楽になります。

喘息の症状には個人差があり、軽く咳痰がでる程度で日常生活に全く支障のない症状から、入院や点滴治療が必要となるような重い症状まであります。

喘息の診断

症状の経過、肺の音(聴診)、血液検査、胸部レントゲン、スパイロ検査(呼吸機能検査)から総合的に喘息であるかどうか判断します。

喘息の診断と治療効果の判定に呼吸機能検査が有用です。呼吸機能検査で1秒間にどれぐらいの息を吐き出せるかを調べます。肺活量の何パーセントが1秒間にはき出せているかを示す数値である1秒率が喘息の状態を反映します。

適切な治療で喘息の状態がよくなれば1秒率も改善します。

喘息の誘因は、花粉、ダニ、ペットの毛、カビなどさまざまです。

血液検査でアレルゲン(誘因物質)を特定、生活スタイルの改善でアレルゲンとの接触をさけ喘息発作予防につなげることができます。

喘息の治療法

喘息の治療は大きく分けてコントローラー(長期管理薬)とリリーバー(発作治療薬)の2種類からなります。

コントローラーは、吸入ステロイド、長時間作用型β刺激剤、抗アレルギー薬など喘息を治す治療です。

1日1回内服、1日2回吸入など薬毎に使用方法回数はことなりますが、決まった時間に毎日服用します。

一方、リリーバーは、メプチンエアなどの短期作用型ベータ刺激剤で、発作時の症状緩和に用います。

決まった時間に毎日使うのではなく、喘息発作時にのみ吸入してひどい喘息発作を治めます
リリーバー(発作時治療薬)は速効性があり、使ってすぐ咳止まったり、ゼーゼーが治まります。

効果が実感できるのでついつい多用してしまう傾向にあります。

逆にコントローラーは気管の炎症そのものを押さえる治療薬のため効果はゆっくりです。

効果がわかりにくいので、うっかり使用するのを忘れてしまう傾向にあります。
治療のゴールは気道炎症を治し喘息発作をなくすことです。

治療の中心的な役割を果たすのはコントローラーです。

内科医師の指示通りコントローラーで治療を継続することが肝要です。

喘息治療で大切なこと

治療の継続

喘息治療の中心は吸入ステロイド薬で喘息発作をおこさない状態を保つことです。
しかし喘息の症状がとれると、ついつい自己判断で中断してしまう傾向にあります。

喘息は慢性の気道炎症でであるため症状がとれても一定期間治療を継続することが大切です。

自己判断は禁物です。

リリーバー(発作治療薬)よりもコントローラー(長期管理薬)を治療の中心に

メプチンなどの喘息発作時に使う吸入薬(リリーバー)は速効性があり、数分で呼吸が楽になります。

効果が体感できるので、ついつい発作時の吸入薬にたよってしまう傾向にあります。

発作時の治療も大切ですが、治療の中心は吸入ステロイド薬などのコントローラー(長期管理薬)で喘息発作を起こさない良好な状態に保つことです。

参考記事
https://www.nakajima-clinic.com/2011/01/123/
喘息治療、コントローラーとリリーバー
https://www.nakajima-clinic.com/2014/08/238/
喘息でもあきらめる必要ありません、海外旅行|喘息治療吸入薬は機内に手荷物としても
ちこむ
タイトルとURLをコピーしました