インフルエンザ

呼吸器系

インフルエンザとは

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して起きる病気です。
かぜ症候群の1つで、38度を超す高熱や咳、喉の痛み、全身の症状が強いのが特徴です。
湿度が低く寒い冬に爆発的に流行します。
流行は年末の12月前後、年明けの2月頃と2つの山があります。
流行はおもに冬ですが、新型インフルエンザは夏にも流行ることがありますので注意が
必要です。
インフルエンザは肺炎や脳症などの合併症をひきおこすことがあります。適切な早期診断治療が大切です。

インフルエンザの種類

インフルエンザウィルスにはA型、B型、C型、D型の4種類があります。

人に感染するのはA型とB型です。
インフルエンザウイルスは変異により亜型が多数あります。
現在主に流行している型はインフルエンザA(H1N1型)、インフルエンザA(H3N2型)です。
流行するインフルエンザの型を予測してワクチンが作られます。
予防接種はA型インフルエンザ2種類、B型インフルエンザ2種類、計4種類のインフルエンザに効くように設計されています。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路には2つあります。
飛沫(ひまつ)感染と接触感染です。

飛沫感染は、感染者のくしゃみや咳でウイルスが周囲にまき散らされ、それを吸い込むことで感染します。接触感染は感染者がふられたものにウイルスが付着して、それを別の人がふれて手に付いたウイルスが鼻や目、口に触れることで感染します。
手洗いをすることで接触感染を予防できます。
インフルエンザが流行する冬には手洗い励行が効果的です。
インフルエンザの潜伏期間、症状インフルエンザの症状は咳、鼻水、のどの痛み、38度を超す発熱などです。
筋肉痛、悪寒、倦怠感などの強い全身の症状も出ます。
下痢、嘔気、皮膚のぴりぴりする感じなどの症状がでることもあります。
インフルエンザもかぜの一種ですが、かぜに比べて高熱、強い全身の倦怠感をともないます。インフルエンザは重症化すると、肺炎、中耳炎、脳症など合併することがあります。
インフルエンザの潜伏期間は2日前後です。
接触から2日ほど経ってから突然の倦怠感、高熱で始まります。潜伏期間は1日から2日と短いのですが、まれに接触から5日程経過してから症状がでることもあります。

インフルエンザの検査

インフルエンザ迅速抗原キットで検査をすることができます。
鼻からの検査となります。
鼻から綿棒を入れて鼻の奥かから粘膜を採取します。
結果が出るまでに以前は20分以上かかっていましたが、今は10分で結果が分かります。
インフルエンザ迅速抗原キットでA型、B型どのインフルエンザの型かも分かります。

インフルエンザの診断

インフルエンザ迅速抗原キットで、即インフルエンザの診断ができると一般的に思われていますがそうではありません。
迅速抗原キットの結果が陽性であればインフルエンザと診断ができますが、陰性でもインフルエンザであることもあります。
熱がでてすぐに検査をした時に、早すぎて検査キットが陰性にでる場合があります。
診察とインフルエンザ検査結果を総合的に判断してインフルエンザの診断をおこないます。
インフルエンザ検査とともに診断するときに重んじるは喉の所見です。
インフルエンザ濾胞とよばれる、特徴的なぶつぶつがのどの奥にでてきます。
経験を積んだ医師は、のどの所見からインフルエンザを診断することができます。

インフルエンザの治療

インフルエンザの治療薬には、タミフル、リレンザ、イナビル、ゾフルーザなどがあります。
薬はウイルスの増殖を抑え効果を発揮します。

薬をのまない時にくらべ高熱が続く期間を短くする効果があります。

全身状態がよく症状が軽い時にはインフルエンザ治療薬の投与が必要なく対症療法で治療することもあります。

対症療法としては解熱剤、咳止め、鼻炎の薬などを中心に処方します。
漢方薬を処方することもあります。
麻黄湯が体の免疫を調節することによりインフルエンザに効果を発揮します。
問診、検査、のど所見、肺の音を聴診器で確認など診察したうえで、総合的に判断してインフルエンザの治療をおこなうことが大切です。
かぜと自己判断ぜす医師の診察適切な治療を受けることをおすすめいたします。

インフルエンザにかかったらー大切なこと

インフルエンザの治療において特に大切なことは重症化の予防です。

こわいのが脳症の合併です。

後遺症を残したり、命にかかわることがあります。
解熱鎮痛剤のボルタレン(ジクロフェナク)とインフルエンザ脳症に因果関係があることがわかっています。
ボルタレン以外にも脳症との関連があるとされている解熱鎮痛剤があります。
インフルエンザが疑わしいときには手持ちのボルタレン(ジクロフェナク)や市販のかぜ薬の服用は避けるようにしてください。
中島クリニックではインフルエンザのときに服用しても安全なことが確認されている非ピリン系の解熱剤を処方しておりますのでご安心ください。

タイトルとURLをコピーしました