帯状疱疹

感染症・予防医学
帯状疱疹とは?
こどもの頃に感染した水痘(みずぼうそう)ウイルスが、過労や免疫低下により再活性化することによる症状です。
こどもの頃に感染した水痘ウイルスは脊髄から出る神経節に潜んでいます。
このウイルスが再活性化することにより、ピリピリとした刺すような痛みと皮膚に水疱状の発疹がでてきます。顔、耳、前胸部などが好発部位です。発疹が帯状に広がることから帯状疱疹とよばれます。帯状疱疹ウイルスの特効薬があり、早期診断治療が効果的です。また、帯状疱疹には予防するワクチンがあります。ワクチンは50歳以上の方が対象です。

帯状疱疹の原因

こどもの頃に感染した水痘(みずぼうそう)ウイルスは、脊髄から出る神経節に潜んでいます。何十年もウイルスは神経節に潜んだ状態で何も症状がありませんが、過労や病気などで免疫が低下したときに活性化します。

再び活動を再開してウイルスが増殖します。増殖したウイルスは神経に沿って広がり帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹ウイルスが増えると、皮膚に水疱を伴った発疹がでてきます。発疹は帯状に広がり、ぴりぴりとした痛みを伴います。

痛みの程度はぴりぴりとした痛みや違和感から、ズキズキ、針で刺されたような痛みまでさまざまです。
帯状疱疹は、顔(三叉神経の領域)、前胸部、背中、大腿が好発部位です。体の左右両側にでることはなく、左もしくは右どちらかに帯状に広がります。
帯状疱疹の発疹は2週間ほどで軽快しますが、長引く痛み(帯状疱疹後神経痛)がのこることがあります。

帯状疱疹の診断

帯状疱疹の診断は、疼痛と発疹の広がる部位から判断します。
皮疹は神経の走行に沿って帯状に広がります。
顔に発症する帯状疱疹は三叉神経に沿った皮疹を認めます。胸や背中に出る帯状疱疹は胸髄神経の走行に沿って(肋骨に沿って)広がります。

帯状疱疹の治療

帯状疱疹の治療は抗帯状疱疹ウイルス薬の内服が基本です。
抗ウイルス薬は帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える働きがあるために、早い段階で診断して治療を開始するほど有効です。
薬にはゾビラックス(アシクロビル)、バルトレックス(バラシクロビル)、ファムビル(ファムシクロビル)、 アメナリーフ(アメナメビル)などがあり、年齢、全身状態を考慮して適切な量を服用します。

特に腎機能障害があるときには減量が必要です。健康診断などで腎機能の異常を指摘されたことがある方は診察の時に必ず医師へ伝えてください。
早期に抗ウイルス薬を服用することで、後遺症である長引く痛み(帯状疱疹後神経痛)のリスクが軽減します。

気をつけたい帯状疱疹の合併症

顔や耳に発疹がでた場合は特に注意が必要です。

顔の神経(三叉神経)の帯状疱疹は、耳鳴り、難聴、視力障害などの合併症につながることがあります。
直ちに入院、点滴加療が必要となる場合があります。

帯状疱疹後神経痛(長引く痛み)の治療

帯状疱疹の皮疹が治った後に、何ヶ月も続く長引く痛みを残すことがあります。
帯状疱疹後神経痛とよばれる痛みは50歳以上の患者さんの20%ほどが経験するといわれています。
帯状疱疹後神経痛には痛みを伝達する神経を和らげる薬の投与が中心となります。
リリカ(プレガバリン)、タリージェ(ミロガバリン )が有効です。高齢者ではふらつきや眠気の副反応が出やすいため、少量から服用開始します。
痛みをコントロールするために、三環系抗うつ薬、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)などが有効なときもあります。
痛みが強く不眠、痛みが長引き辛い、抑うつ気分などの症状があるときには神経ブロック治療をおこないます。注射で交感神経ブロックすることにより痛みを緩和する効果があります。

帯状疱疹の予防ワクチン

帯状疱疹には予防するワクチンがあります。
こどもが水ぼうそう(水痘)予防のために接種するワクチンが、大人の帯状疱疹予防にも効果があることがわかり、2016年から50歳以上の大人にも接種できるようになりました。
ワクチンを接種することで、帯状疱疹のリスクを減らす効果があります。またワクチンを接種していると、帯状疱疹が発症しても、長引く痛み(帯状疱疹後神経痛)を減らす効果もあります。
帯状疱疹は80歳までに3人に1人が発症する病気です。ワクチンによる予防をお勧めします。

虫刺され? ピリピリした痛みで見分けがつかない帯状疱疹

帯状疱疹と気がつかずしばらく様子をみて、痛みが強くなり皮疹が広がってから受診され
ることがあります。
初期段階での診断が難しいのが帯状疱疹です。
初期段階での症状は
「虫に刺されたみたいで、ピリピリします」
ぐらいの自覚症状のことがあります。
ぴりぴりした痛みをともなう皮疹が顔、胸、背中、大腿などに出たときは、すぐにかかり
つけ医にご相談ください。
帯状疱疹は早期診断、早期治療(抗ウイルス薬服用)で治る病気です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました