胃カメラ検査

検診・検査
胃カメラ検査は内視鏡をもちいて、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。正式には、胃内視鏡検査や上部消化管内視鏡検査とよばれます。口もしくは鼻から胃カメラを入れて、のど(咽頭)、食道、胃と順番に観察していきます。鼻から通すカメラと口から通すカメラがあり太さが違います。口から通すカメラが直径10mmぐらいですが、鼻から通すカメラは直径6mmぐらいと細いのが特徴です。鼻からの胃カメラはほとんどえずくことがなく、楽に検査をうけることができるのが特徴です。検査は5分から10分程度です。ポリープ、潰瘍、腫瘍など精密検査が必要な病変が見つかったときには、鉗子(小さなクリップ)で粘膜の一部を小さく生検(採取)して、顕微鏡で良性悪性を判定する検査をおこないます。胃癌の原因菌であるピロリ菌がいるかどうかも胃カメラの時に調べることができます。

 

胃カメラ検査のながれ

検査予約

診察時、電話、インターネットなどで検査の日時を相談して決めます。

検査前日は夜10時以降は食事がとれませんが、それ以外はとくに注意点や生活の制限はありません。

胃カメラ前日は、いつもどおりの生活で大丈夫です。前日、いつもどおり仕事大丈夫です。

 

検査前日

検査前日は晩ご飯を午後10時までに終わらせてください

夜10時以降は何も食べないようにしていただきますが、その時間までは普通に夕食を取っていただいて大丈夫です。食事内容の制限はありません。

午後10時以降食事は不可ですが、脱水を予防するため水分はのどの渇きに応じて取っていただいて大丈夫です。水、お茶、スポーツドリンクは問題ありません。コーヒーや色の付いたジュースは避けてください

 

胃カメラ検査当日、検査前問診

検査前に、薬のアレルギーや緑内障、前立腺肥大、心臓疾患などを問診します。

バイアスピリン、プラビックス、ワーファリンなどの血液をさらさらにする薬を服用しているかどうかの確認をします。入れ歯、ぐらぐらしている歯がないかも確認します。

入れ歯や口紅をされている時は取っていただきます。

 

胃カメラ検査準備

胃の中の泡を消して胃の中がよく見えるようにする、水薬を服用していただきます。

鼻からカメラを通す時は、ゼリー状の麻酔を鼻に入れます。

口からのカメラのときは、のどに麻酔のゼリーをスプレーします。

検査をスムーズにするために軽い鎮静剤を注射します。これにより、意識はありますが過度の緊張がとれて検査を楽に受けていただくことが可能になります。

 

食道・胃・十二指腸観察

鼻からカメラを通す時は、鼻からφ6mmほどの細い内視鏡を鼻から入れます。肩の力を抜くだけで、スムーズにカメラがのどの奥を通り抜け、食道に入ります。

口からのカメラはφ10mmほどの内視鏡をのどから通します。

のどから食道にカメラを通すときに声をかけますので、そのタイミングに合わせてゴクッとのどを動かすだけでスムーズにカメラが食道に入ります。

食道・胃・十二指腸をカメラで観察します。

胃の中に空気を送り、胃を膨らませて隅々までカメラで確認します。

検査の時間は5分から10分ほどです。

ポリープ、潰瘍、腫瘍など精密検査が必要な部位が見つかったときには、生検鉗子(小さなクリップ)で粘膜の一部を小さく生検(採取)して、顕微鏡で良性悪性を判定する検査をおこないます。

胃癌の原因菌であるピロリ菌がいるかどうかも胃カメラの時に調べることができます。

 

胃カメラ検査後

検査後30分~1時間程度休憩をして頂きます。鎮静剤を用いていますので、検査後眠気が残ることがあります。検査当日の自動車、バイクの運転はできませんので、自動車、バイクでの来院はご遠慮ください。

胃カメラ検査時に撮影した写真を見ながら、結果説明をいたします。

精密検査(生検検査)の結果は2週間後となります。

 

 

胃カメラ検査後の食事

鼻やのどの麻酔は30分ほどで取れます。

何時から食事開始できるかは、検査後診察の時にお伝えいたします。

おおよそ、検査後1時間ほどで食事開始できます。

まず最初に水を一口飲んでみて、むせることがなければ、のどの麻酔は取れています。一口水を飲んで確認してから後、食事を開始します。

 

胃カメラ検査翌日

胃カメラ検査翌日は、生活の制限はありません。いつも通りの生活、仕事をしていただいて問題ありません。車やバイクの運転も制限ありません。

胃内視鏡検査、鼻からか口からか悩んでいる方へ

鼻からのカメラと口からのカメラどちらがよいか?

中島クリニックでは、鼻から通す胃カメラ検査を施行しております。

鼻からのカメラが開発された当初は、口からのカメラに比べ解像度が低く中島クリニックでも口からの胃カメラ検査をしておりました。

今は鼻からのカメラの画質が格段によくなり鼻からと口からのカメラの差が通常観察ではなくなりました。

現在、中島クリニックではハイエンド内視鏡(大学病院でも使用している最上位内視鏡機種)を導入、鼻からの胃カメラ検査を施行しております。

 

鼻からカメラを通すと、のどの奥を刺激せずえづくことがほとんどありません。

口からの検査に比べ楽に検査を受けていただくことができます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました